不安は先進性の母

あなたは不安を感じることがありますか?

 

『不安』とは、神様から私たち人間に与えられた最高の能力の一つです。もしあなたが「不安でいっぱいで前に進めない」と感じているならば、あなたは正常なので安心してください(笑) 神様からいただいた『不安』というギフト。そのギフトをあなたがどう使うか、だけです。せっかくのギフトを大切に使わないなんて、本当にもったいない。そう思いませんか?

 

神様が『不安』というギフトを与えてくださった理由

例えば、あなたの目の前に橋がかかっているとしましょう。その橋は木で出来た吊り橋で、よく見ると誰かが通った形跡はありません。実は人が通ればその橋は落ちてしまうことが既にわかっています。そんな危険な橋を目の前にしているときにあなたが「大丈夫、大丈夫」とのん気にその橋を渡らないようにするために、神様は私たちに『不安』をプレゼントしてくださっているのです。

 

そして、この不安を解消するために神様はさらなるギフトを私たちに与えてくださっています。それは『智慧』です。

 

不安が発生するときというのは、あなたが選択を迫られたとき。進むのか、それとも逃げるのか。(このとき「逃げる」というのは悪い意味ではありません。)どのようにしたら起こりうる問題をクリアできるのか。どのような問題が起こりうるのかを想定して、それらの問題に備えること。これらは全て『智慧』なのです。

 

あなたが手に入れたいと思う未来に対して何をどうしたらいいのか全く智慧がないとき、一旦逃げるというのは実は正解です。

 

反対に、不安はあるけれどその未来をどうにかして手に入れる。そう決断したのであれば、智慧を最大限に使う必要があります。

 

智慧を得るためにやるべきこと

では智慧を得るためには、どのようにしたらよいのでしょうか。そのためにあなたができることは「自己投資をすること」「経験を積むこと」です。

 

あなた自身に智慧がないのであれば、ぜひその智慧を持つ誰かに頼ってみてください。そうすることで、問題を解決することができるし前進します。そして、その方の智慧を見せていただくことで、あなたは学ぶことができます。

 

また、前進するということは経験を積むということ。人は経験の中から智慧を得ることができるので、あなたはその後に遭遇する新たな問題を乗り越える準備ができるということになります。

 

必要な智慧がなくてもできることはある

ここで私自身のことを少しお話させてください。私は高校卒業後、水商売の世界に入りました。その後はパチンコの配線、トラックの運転手や軽運送など体を使う仕事の経験を経て、IT企業の社長になりました。

 

社長にはなりましたが、営業をしたこともなければ名刺交換すらしたことはありませんでしたし、経営の智慧もITの智慧も全くない状態でした。IT企業でしたのでITに関する智慧が肝。そこで、ITに長けた友人に声をかけて起業しました。智慧を持った友人に頼ったわけです。一方、経営のスキルは自己投資を惜しみませんでした。学びと失敗を繰り返すことで、智慧を身につけてきました。経験から智慧を増やしていったのです。

 

「この会社は3年保つのだろうか」そんな思いが頭を過ったことは数知れません。しかし、一つ一つの経験や学びの実践を通して約20年という時を経て今現在もこうしてお仕事をさせていただいています。起業当初は考えもしなかったのですが、人にビジネスを教える立場にもなりました。

 

『智慧』と『不安』は最大の友人

ぜひ『不安はギフトだ』と思って不安を認めてみてください。そして、不安を感じたらすぐに逃げるという選択をするのではなく、智慧を増やすという選択をしてみてください。

 

『智慧』とは、多くの問題を解決するために人間だけに与えられた力です。そして『智慧』『不安』最大の友人なのです。

福岡市中央区中央区渡辺通2丁目4−8 小学館 ビル 5F-9
全国対応致します